FC2ブログ
本、映画、音楽、ゲーム他
逃避だったのかな

2014-08-05 Tue 21:38
 もう3年ほど前の話。
 私は突然に、昔大人気を博したあるマンガにハマった。とっくに”乙女”ではないのに、「乙女の幻想(イリュージョン)」状態、いわゆる「腐女子」であった。その頃に知人に言われた言葉が今も忘れられない。

 <「それって、”逃避”じゃないの?」

 当時はその意味がよくわからなかった。「逃避」という言葉に、反発を感じたりもした。だけど今は・・・そうだったのかなって思う。私が二次元の世界に耽溺していったのは、一種の自己防衛だったのかな、と。
 結局いま私は、(当時の)夫を捨て生活も捨て、某地方都市で暮らしています。

 そんな中で書いた、やおい話は「現実逃避の産物」だったということか。私の乏しい経験(ほぼ元旦那とのみ、です)を織り交ぜて参考にしながら、背伸びして書いた部分もあるから、思い返すと「エログロい感(あくまでも主観ですが)」が否めない。

 ちょっとずつ推敲して、再アップしていく予定でいます。
 
 (元)夫との”コト”を思い出すと胸が悪くなる。リアルのそれは、思い出したくもないエグい行為。だから、吐き気しない程度にそのあたりを削ぎ落として、切り離して。「おそらく絶対にあり得ない幻想の世界」を、今これからの私が少しだけ手直しをする。


 (元)夫には浮気癖もあって。しかもなぜか年上女性に惹かれるらしく。ちなみに私も4歳年上の姉さん女房でした。

 新婚当初、最初の浮気のお相手は、離婚歴のある子持ちのシングルマザー(経験豊富ぽい)。(元)夫より10歳くらい年上だったと思う。

<「旦那さん、セックスがヘタだね。なんであんなにヘタッピなの?」
<「なんか、すっごい甘えてくるんだけど・・・。」

 そう言われても、私はショック状態でうまく言葉が出てきませんでした。

 そんなふうに実際、身も蓋もない言い方されてた(元)夫ですが、そんな「裸の王様」もまた、母の愛にはぐれ、最後まで現実に向き合うことのできない、「さびしい王様」なのかもしれません。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

| オモイデ、ツミカサネ |